Lisk(リスク)とEthereumの違いについて!気になる開発情報は?

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

前回の記事で、イーサリアム企業連合についてまとめました!

ふと、イーサリアムと同じような機能を持ったLiskのプラットフォームを使おうとしている人たちっているのかな??と疑問に思ったので、

調べちゃいました─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

Lisk(リスク)って?

LISKロゴ

Liskとは、分散型アプリケーションプラットフォームの名前です。

プラットフォーム名をLisk、プラットフォーム内の通貨名をLISKといいます。

紛らわしい。。。けど微妙に違うからよくみてね!!!

ちなみにイーサリアムはプラットフォーム名をEthereum、プラットフォーム内の通貨をetherといいます(ノ*’ω’*)ノ

プラットフォーム内の通貨であるLISKやetherは、それぞれのプラットフォームを使う時の手数料として使用されます。

プラットフォームを動かすためのガソリンなので、通貨が無いとプラットフォームを使うことができません( ✧Д✧)

分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)って?

分散型アプリケーションプラットフォームは英語でDecentralized Applications略してDApps(ディー・アップス)と言ったりします。

分散型アプリケーションプラットフォームは仮想通貨初心者がなんだそれ???となる単語だと思います。

実際、玲奈も仮想通貨の勉強を始めたばかりのころ、いろんなサイトに出現するDAppsの意味が分からず泣きそうでした(இдஇ; )

 

分散型とは、集中型アプリケーションプラットフォームの逆を意味しています。

分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)イメージ

集中型アプリケーションプラットフォームは、FacebookやTwitterなど、ユーザーが特定の管理者のサーバーに接続する必要があるプラットフォームです。

分散型アプリケーションプラットフォームは特定の管理者を置かず、参加者全員がお互いのサーバーに相互にアクセスする仕組みです。

プラットフォームの中心に管理者がいるかどうかの違いだね(◍•ᴗ•◍)

LiskとEthereumのプラットフォームの違い

LiskとEthereumにおける分散型アプリケーションプラットフォームの違いについて説明するよ(^_-)-☆

通貨のLISKとetherの違いじゃないからね!

スマートコントラクトコードを記述するチェーンが違う!

■Ethereumの場合

Ethereumはすべてのスマートコントラクトコードがメインチェーンに記述されています。

一つのメインチェーンに多くの情報が載るため、スケーラビリティの問題を起こしやすく、送金の遅延などを引き起こします。

 

Ethereumは過去にイーサリアムブロックチェーンを使用した、DAppsの一つである「THE DAO」がハッキングを受けました。

Ethereumはメインチェーンにスマートコントラクトコードを書いているため、一度ハッキングをされたとしても、その後のブロックチェーンもハッキングを受けたブロックとつなぐ必要があります。

そこで、Ethereumは特定のプログラマーによる話し合いの結果、ハッキングを受けたメインチェーンを無効にし、新しいメインチェーンを作り、新生イーサリアムとして再出発しました。

これまでの(ハッキングを受けた)メインチェーンはイーサリアムクラシックとして現在も存続し、結果として2つに分裂することになりました。

 

□Liskの場合

Liskはアプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用しています。

メインチェーンにスマートコントラクトコードを書くのではなく、それぞれのDAppsでサイドチェーンを用意し、その上にスマートコントラクトコードを書いて動作させます。

メインチェーンにはサイドチェーンの情報がリンクのように記されます。

サイドチェーンのメリットは、性能・処理能力の向上です。 Liskブロックチェーンは、サイドチェーンを無限に作ることができるので、メインチェーンに載る情報が少なります。

すべてのプログラムを一つのブロックチェーンだけで動かすよりも、複数のブロックチェーンを使って別々に動かすほうが処理能力は早くなります。

Ethereumの「THE DAO」のようにハッキングを受けた場合に、ハッキングを受けたサイドチェーンだけを切り離すこともできます。

もし、Liskのプラットフォーム上に作った、アプリケーションに問題が発生しても開発者が自分でサイドチェーンをコントロールをすることでEthereumのような分裂を回避できるんだね(•̀д•́๑)

スマートコントラクトコードで使うプログラミング言語が違う!

LiskはJavaScriptでEthereumはSolidity ■Ethereumの場合

EthereumはSolidityというEthereum専用のプログラミング言語を使っています。

Ethereumでスマートコントラクトをプログラムする場合には、Solidityというプログラム言語を覚える必要があります。

開発者育成のためのコストとか時間がかかりそう(o´_`o)

 

□Liskの場合

LiskはJavaScript言語を使用しています。

JavaScriptは、一般的なプログラミング言語なので、プログラマーが新しいプログラミング言語を学ぶ必要がありません。

Liskは開発者に困ることはなさそうだねヾ(*´∀`*)ノ

LiskはサイドチェーンにスマートコントラクトコードをJavaScriptで記述できるから、Ethereumに比べて処理も早いし、ハッキングにも強くて、コードも書きやすい!Ethereumの弱点を補っているみたいだね⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

Liskの目指すこと

・JavaScriptを武器にだれでも簡単にLiskプラットフォームを使えるような環境を整備する

・そのためにLiskプラットフォームを簡単に利用できるソフトウェアSoftware Development Kit (SDK)の開発を目指す

・2017年6月28日に、macOS、Windows 7/8/10およびすべてのLinuxに対応したSDKの「Lisk Nano 1.0.0」 をリリース

・一般人もスマホアプリで簡単にスマートコントラクトを記述できる機能を提供予定と発言

 

今後の開発の方向性についてLiskの社長が語っています。(日本語字幕付き)

Lisk(リスク)概要

・発行日 2016年5月
・ブロックチェーン Lisk
・公式サイト https://lisk.io/
・トークン名称 LISK
・総トークン供給量 上限なし
・Lisk創業者  Max Kordek

Max Kordek

Max Kordek氏

めっちゃ爽やかな笑顔♡(っ´ω`)

玲奈の感じたこと

LiskもEthereumと同様にスマートコントラクトの機能を備えた分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)ですが 、イーサリアム企業連合は150社を超え、イーサリアムのプラットフォームを使っていこうという会社が急速に増えています。

一方LiskのDAppsを利用しようとする会社は公式ページを見ても発見できず、開発パートナーも多くはありません。

Lisk協賛企業・・・・・・ショボ

これって、あれだ

Lisk企業連合とEthereum企業連合の構図

スパルタ軍300VSペルシア軍100万の構図!!!!!!!

まあでも300が勝てるわけもなく、、、、

 

現在はイーサリアムがプラットフォームとして100歩くらい先を進んでいるような印象です。

でも、LiskもJavaScriptを武器に、玲奈みたいなOLでもスマートコントラクトを気軽に使えるようなアプリを作ってくれれば、プラットフォーム手数料としてのLISKも需要が高まって、価値が上がるかもしれません!

新しいSoftware Development Kit (SDK)の開発計画をウォッチして、より使いやすいソフトができることを期待したいと思います。

玲奈おすすめのLisk購入方法

現在、日本の取引所でLiskが購入できるのはコインチェックだけです。

しかし、コインチェックでLiskを買うと手数料が高いので、以下の手順で海外取引所から購入することをおすすめします。

①コインチェックに登録する

②コインチェックでビットコインを購入する

③海外取引所(例えばBittrex)に登録する →登録方法はこちらをみてね♡

④海外取引所にコインチェックからビットコインを送金する

⑤ビットコインでLiskを購入する。

コインチェックのメリット・デメリットはこちらの記事をどうぞ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
次回の記事予告

次回はFilecoinについてまとめてみたいと思います。

お楽しみにε(*’-‘)з.*・゚

Pocket
LINEで送る