【超まとめ】コインチェック(coincheck)のメリット・デメリットは?

Pocket
LINEで送る

こんにちは(≧∀≦*)玲奈です。
2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、日本でも仮想通貨がニュースでしばしば取り上げられるようになりましたね。
日本にはすでに13を超える取引所があり、それぞれに特徴があります。

コインチェック株式会社
ビットバンク株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
QUOINE株式会社
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
BTCボックス株式会社
テックビューロー株式会社(Zaif取引所)
GMO-Z.comコイン株式会社
株式会社CAMPFIRE(FIREX取引所)
ビットトレード株式会社
バイクリメンツ株式会社(Lemuria取引所)
東京ビットコイン取引所株式会社
みんなのコイン株式会社

この記事では取引所の中でコインチェックについてメリットとデメリット、登録方法を具体的にご説明させていただきますヨロ(`・ω・´)/

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェックは日本で一番取り扱ってる仮想通貨の種類が多い取引所

コインチェックは2014年からの老舗の取引所で一番取り扱っている仮想通貨の種類が多い取引所と言われています(๑╹ω╹๑⋈ )

コインチェックは和田晃一良社長率いるコインチェック株式会社(2012年8月設立)により運営されています。2014年8月にビットコイン事業に進出しました。

12種類の仮想通貨の取り扱い、それだけの種類の仮想通貨を扱う取引所は日本でコインチェックのみです。

coincheck取り扱い通貨

コインチェックの各種手数料

最新の手数料については必ず公式HPから確認していだだくようにお願いします。

コインチェックのメリット|評判と評価は?

日本には現在13を超える取引所が存在しますがコインチェックは初めて仮想通貨を買う人初心者から上級者まで幅広いニーズを満たすことのできる取引所と言われていますヽ( ・∀・)ノノ

売買手数料の安さで差別化を図るZaifや信用取引に失敗した際に追加証拠金の支払いが不要な仕組みで顧客の保護を図るビットバンクなどそれぞれ異なる特色があります。

♡メリット♡
1、いろんな種類の仮想通貨が買える
2、アプリが使いやすい
3、不正ログインへの保証が最大100万円
4、クレジットカードでの購入ができる
5、コールドウォレットによるコインの管理
1.いろんな種類の仮想通貨が買える

株式投資でも資産を守るために一つの会社の株式ばかりを買うのではなく、複数の株式の組み合わせて保有することでリスクを減らすポートフォリオという考え方が基本です。

仮想通貨投資は株式投資以上に値段の動き(ボラティリティ)が激しいため、複数種類のコインを組み合わせてポートフォリオを組むことがとても大切なのです。
国内ではコインチェックが最も多様な種類の仮想通貨を取扱いしています。

2.アプリが使いやすい

実は仮想通貨の取引所は出来たばかりの会社が多く、まだアプリがなかったり使い勝手が悪かったりします。
仮想通貨は24時間相場が動くので常に相場のチェックができるスマホアプリの使いやすさは大事な要素です。

コインチェックアプリのトップページを見てみましょう୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

コインチェックアプリのトップページは直観的に仮想通貨の相場のチャートを確認し、売買が可能になっています。画面したの「売却」「購入」から売買ができます。
画面左上のタブを押すとこのような画面が現れます。

「取引履歴」やどの種類の仮想通貨をどれだけ持っているかを確認する「総資産」、仮想通貨を買うための入金処理をする「日本円の入金」など直観的に操作できるようアプリが出来ているので迷うことがありません。

3.不正ログインへの保証が最大100万円

実は仮想通貨を取引所に預けていたために悪意ある第三者に不正ログインされ勝手に仮想通貨を送金される被害が後を絶ちません(・ω・;)(;・ω・)

2017年6月にコインチェックは東京海上日動と提携して最大100万円まで不正ログインによる仮想通貨の送金被害を保証することを決めました。

2017年4月に施行された改正資金決済法において「仮想通貨」が定義され、仮想通貨の売買等を行う仮想通貨交換業者に対して登録制が導入されるとともに、利用者保護のためのルール整備がなされました。

最大100万円までの保証は利用者保護の取り組みの一環です。しかし保証を受けることができるのは二段階認証を設定しているアカウントだけなので注意が必要です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

4.クレジットカードで仮想通貨の購入ができる

アプリと同じでクレジットカードで入金することができる取引所は限られています(Θ-Θ+)

仮想通貨は値動きが激しいので、せっかくの買い時も銀行に行って振り込みをしたのではチャンスを逃してしまう可能性があります。

コインチェックならクレジットカードで仮想通貨が買えるのでお金を入金するために銀行やコンビニに行ってチャンスを逃す心配がありません。

しかし一番良い入金方法はコインチェックと提携したネットバンクである住信SBIネット銀行の口座を作ることです。

住信SBIネット銀行からコインチェックに入金することで手数料が無料なおかつネットで即座に入金ができます。

5.コールドウォレットによるコインの管理

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)のコールドウォレットの管理は完全なオフライン状態で行われていなかったため、安全性が確保されていませんでした。
コインチェックでは、お客様からの預り金の内、流動しない分に関しては安全に保管するために、秘密鍵をインターネットから完全に物理的に隔離された状態で保管しています。

97%以上の資産が、このコールドウォレットに保管されています。

コールドウォレットはインターネットに接続していないコインの保管場所のことですね( ̄∀+ ̄)

ウォレットとは仮想通貨を保管する銀行口座のようなものですが、インターネットに接続していないウォレットをコールドウォレットとよび接続しているウォレットをホットウォレットとよびます。

2014年3月Mt.GOX(マウントゴックス)社はシステムの不具合を利用してサイバー攻撃を受けたことから115億円相当のビットコインが消失が消失したと発表しました。

これはMt.GOX社がコインの保管をホットウォレットで行っていたためにサイバー攻撃を受けたことが原因です。

インターネットと切り離されたコールドウォレット上に仮想通貨を保管することでサイバー攻撃の被害を軽減する措置が取られるようになりました。

一方でどれだけコールドウォレットに保管しようとも取引所を運営する会社がモラルハザードを起こした場合仮想通貨は流失してしまいます。

つまり取引所を信頼してお金を預けることができるかが取引所を選ぶうえで重要になります。

コインチェックは業界に先駆けて最大100万円まで不正ログインによる仮想通貨の送金被害を保証を発表するなど信頼に足る取引所の一つであると考えています。

コインチェックのデメリット

♥デメリット♥
1、クレジットカードの手数料が割高
2、レバレッジの限度が最大5倍まで
3、レバレッジ取引で追加証拠金が発生する可能性がある
4、スプレット(手数料)が高い
1.クレジットカードの手数料が割高

クレジットカードを使えることがコインチェックのメリットではあるもののクレジットカードの場合手数料が約8%と割高です。

銀行送金の場合でも振込手数料が数百円必要となりますし、送金の手間や待ち時間などを考えると、5,000円〜1万円程度の購入であれば、クレジットカード決済による購入はメリットがありますが1万円以上の購入では手数料が高くつきすぎてしまいます。

対応カード:Visa、Master、JCB
購入可能額:最低5,000円
決済手数料:約8%(購入レートからの推定)
決済システム:テレコムクレジット株式会社

2.レバレッジの限度が最大5倍まで

レバレッジ取引といって、自分の手元にあるお金の何倍もの金額の取引ができます。FX取引ではよくつかわれますが仮想通貨でも同様にレバレッジ取引をすることができるのです。
コインチェックではレバレッジ取引は5倍最大と他の取引所と比べると小さいです。

3.レバレッジ取引で追加証拠金が発生する可能性がある

当然ですがレバレッジ取引に失敗した場合、コインチェックから追加証拠金として追加のお金をプールすることを求められることになります。

レバレッジ取引はリスクが高いためまずは現物取引を通じて仮想通貨の仕組みに慣れてからチャレンジするとよいと思います。

どうしてもレバレッジ取引をしたい人は追加証拠金の支払いが不要なビットバンクもあります。

レバレッジとか証拠金などのFX用語がわからん(•ૅω•´ꐦ)って人はこちらの記事を参照ください。

4.スプレット(手数料)が高い

スプレッドは買値と売値の差のことです。
例えば買値が¥350,000/BTCで売値が¥349,800/BTCだったとするとスプレッドは¥200になります。

スプレッドは状況により変化しますし、取引所によっても異なります。

いくら手数料が安くても、スプレッドが大きいと利益が出しづらいので注意が必要です!!!!!

特にコインチェックやビットフライヤーの販売所取引はスプレッドが大きいため短期売買で利益を出すことはまず無理です(ง `ω´)ง

詳しくはこちらをどうぞ。

コインチェックの登録方法

コインチェックの登録方法はたったこれだけ(ό௰ὸ)
実際のコインチェックの登録は6つステップがあります。アプリだけでできちゃうからとても楽ちんです!!

1、コインチェックのアプリをダウンロードする。
2、電話番号認証をする
3、免許証などの本人確認書類を撮影して送る
4、住所確認のためコインチェックより簡易書留で送られるハガキを受取る
5、銀行、クレジットカードなどからコインチェックへ入金をする。
6、入金確認後に好きな種類の仮想通貨を購入してみる。

コインチェックの登録方法の詳細ついてはこちらの記事を参照ください。銀行口座や証券口座を作ることに比べるととても簡単に登録することができるのでびっくりすると思います。

まとめ

コインチェックのメリット・デメリットは下記のとおりです。

♡メリット♡
1、いろんな種類の仮想通貨が買える
2、アプリが使いやすい
3、不正ログインへの保証が最大100万円
4、クレジットカードでの購入ができる
5、コールドウォレットによるコインの管理

 

♥デメリット♥
1、クレジットカードの手数料が割高
2、レバレッジの限度が最大5倍まで
3、レバレッジ取引で追加証拠金が発生する可能性がある
4、スプレット(手数料)が高い

仮想通貨を買ってみたくなったら、コインチェックへ登録よろしくお願いします(●`・ω・´●)


今ならここからクリックして新規ユーザー登録(無料)すると、最大5,000円のキャッシュバックもらえちゃいます!

仮想通貨のビッグウェーブに乗るなら今がチャンスです!!!!\\\└(‘ω’)┘////

次回の記事予告

次回はBasic Attention Tokenに注目してみますよー!(ૢ˃ꌂ˂⁎) ウシシ

Pocket
LINEで送る