仮想通貨のEthereum(イーサリアム)って?最新ニュースは?

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

今日は昨日に引き続き、アルトコインの代表格でもあるEthereum(イーサリアム)について勉強しようと思います。

Ethereum(イーサリアム)って?

 

Ethereum(イーサリアム)って

Ethereum(イーサリアム)はビットコインと同じく「仮想通貨」の一種です。

ビットコイン以外のコインはアルトコインと呼ばれますが中でも代表的なコインの一つと言えるのがこのEthereum(イーサリアム)です。

仮想通貨の基準である時価総額は、1000種類以上もあると言われる仮想通貨の中で、ビットコインに次ぐ第2位のポジションです。(2017年9月現在)

Ethereum=仮想通貨の名称のようですが、広義にはEthereumとは2015年にリリースされた次世代分散アプリケーション基盤です。

Ethereumはブロックチェーンを基盤として、アプリケーション作成のプラットフォームを作っています。

Bitcoin同様に中央にコントロールする管理者はいません。

Bitcoinが取引の支払い手段としてメインに使用されているとすると、Ethereumは決済だけに留まらず 様々な手段に使用されることが期待されている次世代型の仮想通貨です(ง°̀ロ°́)ง

Eterueum(イーサリアム)の特徴って?

通貨と発行枚数

Ethereumの通貨単位をether(イーサ)と言います。(以下略称であるETHと記載)

EthereumにおいてはこのETHがデジタル通貨として使われます。

将来的には現金の取引のみでなく、株式や証券など資産の取引に使われることが期待されています。(*’v’p

このETHはEthereum Networkおいてアプリケーションを実行するための燃料を意味しています。

Ethereumの発行枚数には上限があるのか不明のままです。

Ethereumは最初(2014年)に7,200万ETH発行され、現在の発行枚数は9,400万ETHと言われています。

Bitcoinと同じようにマイニングの報酬によってETHが発行されますが、Bitcoinのように発行枚数が決まっているわけではありません!

今後も上限が決められるかどうか、未定のようです….。

自由度が高く、発行されてからの年月も短い新しい通貨のため、まだ安定していないみたい(´・д・`)

分散型アプリケーション

Ethereumは、分散型アプリケーションを動かすオープンソースプラットフォーム(誰でも自由に参加可能なプラットフォーム)として機能しています。

分散化したブロックチェーンで動き、絶対に止まることなく、チューニング可能な言語(solidity)でスマートコントラクトを記述できて、参加者全員でチェックすることができます。

Ethereumプラットフォーム上では、スマートコントラクトなどアプリケーションの構築で様々なことが出来ます!(*´ω`)

例えば、投票システムでは、どこか特定の組織が作ったシステムを利用する必要があり、適切な投票が行われたかどうかは、その投票システムとそれを作った関係者を信用しないといけません。

しかし、Ethereum上で作られたアプリケーションなら、P2Pで自動で動き、いろいろな側面から検閲が出来るため、特定の第三者を信用しなくても正しく稼働ができます!

セキュリティ上の安全性や稼働については、まだまだ多くの開発者によって検証中ですが、これが動けばあらゆるシステムが第三者による信用に依存せず稼働することできます。

社会的にとても影響力があるプラットフォームになりそうですよね!(*´艸 `*)゚

そしてEthereumのブロックチェーンを用いてすでに投票をスマートコントラクト上で行うプロジェクトがすでにBoulé(ブーレー)という名前で開始し、現在ICOを実施しています。

スマートコントラクト

Smart Contract(スマートコントラクト)はEthereumの最大の特徴です。

Bitcoinのような決済取引の記録だけでなく、取引の記録と一緒に契約自体もブロックチェーンに記録することができます!

契約書、SNS、メール、電子投票など、多様な取引をEthereumの技術を利用することで、中央機関のような第三者機関がいなくても信頼性と透明性を高める取引が実現可能となります。

Ethereumなら取引記録に加えて、約束や契約情報も半永久的に一緒に記録することができるんですね(`・ω・´)

スマートコントラクトについては、玲奈ブログでも徹底解説していますのでチェック!

Bitcoin(ビットコイン)との違いって?

取引記録

Bitcoinはブロックチェーンの技術に支えられていますが、この技術の弱点を改善し、新たな機能を追加した独自のブロックチェーンを用いた開発が進んでいます。

そうした中で、Ethereumの一番の特徴であるスマートコントラクトの技術が生まれました!

Bitcoinは決済の手段として主に機能していますが、Ethereumはアプリのプラットフォームとして多様に機能する点が大きな違いです(o゚∀゚)ノ☆

 

スマートコントラクト

Upacking the term ‘Smart Contract’ – ConsenSys – Mediumより引用

マイニングの仕組み

BitcoinのアルゴリズムProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)は、莫大な取引の計算を誰よりも早く解いた者に報酬が与えられる仕組みです。

そのため、高性能なPCや作業をする環境、作業のための時間や労力が必要です。

これでは、多くの資金と時間と労力を投入できる限られた人に報酬が偏ってしまう傾向があります…

Ethereumは現状、マイニングによる検証アルゴリズムを採用しており、Bitcoinと同様にProof of Workで取引を承認しています。

しかし将来的にはProof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)を採用することが決まっています。

まだ実装はされていませんが、今後移行が予定されています!

Ethereum(イーサリアム)のこれまでの開発

2013年 Ethereum(イーサリアム)開発

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏はBitcoinをリサーチした後、Ethereumの開発を構想しました。

ちなみにこの時、Vitalik氏はまだ19歳でした!スゴイ!

Vitalikは、Bitcoinについて、「Bitcoinは、確かにすごいものだし、将来失敗するなどとも思っていないけど、世界のあらゆるものを、分散化するプロジェクトではない。Ethereumは、全てを分散化する。ビットコインは、魚のようなものだけど、Ethereumは海だ。」と表現しています。

2014年に実際に開発着手され、2014年夏にクラウドセールによって資金を調達、18億円の投資を集め、プロジェクトがスタートしました。

そして2015年7月にEthereumはリリースされました。

2016年6月  THE DAO 事件

リリース後はユーザーに順調に信頼を得てきたEthereumですが、2016年に大きな事件が起こります。

The DAO というプロジェクトが、当時の価値にして約65億円を盗まれ、ブロックチェーンプラットフォームの分裂に至った事件です!

THE DAO 事件

ちょっとその前にDAOってなに?

Decentralized Autonomous Organization(自律分散型組織)のことです。

Bitcoinがブロックチェーンを使うことによって、特定の管理主体にコントロールされない貨幣を実現したように、DAO はブロックチェーンを使って自律分散的な組織を実現しています。

特定の管理主体に属さない組織であり、組織のルールはスマートコントラクトとしてブロックチェーン上に規定されています。

THE DAOって?

THE DAOとは、DAOという概念の具体的なプロジェクトの名前です。

ベンチャー投資を行うベンチャーキャピタルの機能をDAOとして実現しようという試みであり、自律分散型投資ファンドとも呼ばれました。ρ(・ω・、)

仕組みとしては、The DAO が発行する独自トークン(DAO Token) を多数の投資家が購入することでファンドを組成し、そこから個別のプロジェクトに投資していきます。

2016年にドイツの「Slock.it」がEthereumのプラットフォームを使ったTHE DAOのICOを実施しました。

このTHE DAOは当初予定していた300倍の150億円相当の多額の資金を集めました。

しかし、THE DAOは2016年6月にTHE DAOのSplit機能を悪用され、360万ETH(当時の価格で65億円ほど)のハッキングによって盗難されました!

価格は一気に1/3以下まで減少し、現在DAOはどこの取引所でも取り扱いがないため実質値が付かない状態になっています…。

Ethereum(イーサリアム)の解決策

Ethereumは開発側はこの事件において、どう対応するのか協議し、奪われたETHを元に戻すためハードフォークを選択しました。

ハードフォークとは、仮想通貨のルールを変える際に旧ルールを無視して、新ルールを新たに適用することで旧ルールとの互換性を無くす事です。

ハッキングされたデータを取り消し、この盗難をなかったことにして全く新しいものとして無理やり元に戻したのです。(。`ω´=) 

この65億円の盗難をなかったことにすれば、資金の流出は防げると開発側は考えたんですね。

Ethereum Classic(イーサリアム・クラシック)の誕生

2016年6月のTHE DAO事件の結果、Ethereum陣営はこの大規模なハッキング被害に対しハードフォークに踏み切りました。

このハードフォークに反対した陣営によってEthereum Classicは誕生しました。

Ethereumは中央管理ではない分散型台帳を使用するブロックチェーンに価値をおいてるのに、ハードフォークによって中央管理者が改ざんすることは、理念に反するということで、反対派はハードフォークの決断に理解を示しませんでした。

Ethereum Classicは非中央集権型の思想を最重視し、ブロックチェーンの不可逆性を追い求め、急遽立ち上げられたプロジェクトです。

ハッキング被害という記録が残っているブロックチェーンのEthereum Classicと、ハッキング被害そのものが無かったことになったブロックチェーンのEthereumという二つの構造が生まれたのです。

ハードフォーク直後はEthereumとEthereumClassicのコミュニティの間で激しい対立が起き、これが 双方の価格に影響するといった事態も生じていました。

二つに分かれてしまったものの、未だに利用者が多く時価総額が高いのはEthereumです。

ちなみにEthereumとEthereum Classicは基本的な構造は変わらないのですが、Ethereum Classicはよりセキュリティ面を重視して作られています。

EEA(イーサリアム企業連合)の拡大

現実世界でスマートコントラクトを使うために、企業が集まって実用化を目指しています。

2017年Ethereumのブロックチェーン技術、スマートコントラクトの研究・開発、ノウハウを共有し合うためにEEA(イーサリアム企業連合)が発足されました。

※EEA=Enterprise Ethereum Alliance エンタープライズ イーサリアム アライアンス

EEAには世界の名だたる企業が参画し、今も拡大を続けています!

日本では現在、トヨタ自動車三菱UFJが参加しています。

有名な企業が次々と参画していることから、Ethereumに安心感や期待を抱く投資家は多く、今後価格が更に上がっていくことも考えられます。

EEAについては過去のこちらの記事でまとめたのでみてね!!(o・д・o)

Ethereum(イーサリアム)の今後のアップデート

Ethereumには 4つのアップデートがあります。

それぞれの段階で、アップデートがなされEthereumがより進化していくように構成されています。

イーサリアムのロードマップ

STAGE 1 :Frontier(フロンティア)[2013]

第一段階であるFrontierは、Ethereum技術者向けに作られたテスト版のようなものです

あくまで正式なリリース前の実験段階のプラットフォームようにリリースされているため、バグなど発生した際などは巻き戻しの対処ができます。

STAGE 2 :Homestead(ホームステッド )[2016]

第二段階のHomesteadは、Frontierの安定板とも言えます。

ブロックチェーンの分岐を防ぐためのマイニングの難易度を調整し、運用ルールの修正などが実行されました。

安定的なプラットフォームが開発されるようになり、多くの企業やプロジェクトでEthereumを利用したアプリケーションの開発を行いました。

この時期からEthereumは企業向けに普及し、ETHの価値も上がりました。

STAGE 3 :Metropolis(メトロポリス)[2017]

現在、三回目のアップデートが行われようとしています。

予定されているアップデート内容

・プライバシー保護の強化 (匿名性の高いトランザクション)

・セキュリティ強化 (ユーザー自身で秘密鍵のアドレスを決めることができ、ハッキング対策につながる)

・スマートコントラクトの簡易化 (プログラミングの負担軽減)

・PoWからPoS移行への準備

Proof of Stakeへの移行のために設計されたディフィカルティボムというマイニングの難易度の高いブロックの出現により、移行する準備が行われます。

Metropolis(メトロポリス)へのアップデートはByzantium(ビザンチウム)とConstantinople(コンスタンティノープル)という2段階のハードフォークを経ることで完了します。

ハードフォークといってもビットコインのように分裂しないのでご安心ください♡

10月16日にByzantiumが実行されました。Zcashで利用されているZK-Snarksという技術が実装され匿名性の確保が図られました。

Metropolis(メトロポリス)へのアップデートのためのハードフォーク第二弾Constantinople(コンスタンティノープル)は2018年の初めごろに実施予定です。

ちなみにByzantium(ビザンチウム)とConstantinople(コンスタンティノープル)は現在のトルコのイスタンブールの旧称です。玲奈も高校生の時に世界史のテストでやったのでピンときました٩(•౪• ٩)

STAGE 4 :Serenity (セレニティ)[201?]

Ethereumのアルゴリズムは、現在のProof of WorkからProof of Stakeへ移行する予定です。

Proof of Workはマイニングにおいて計算量=仕事量(Work)が大きい人ほどブロック承認の成功率が高いのに対し、Proof of Stakeは所有している仮想通貨の量が多いほど、マイニングの成功確率が高くなる仕組みです。

Proof of StakeはProof of Workの問題点を解決できると期待されています。

Ethereum(イーサリアム)の最新ニュース

・2017年8月 Ethereum財団ロシア政府にブロックチェーン技術を提供

国際的に仮想通貨への規制や法整備が進む中、ロシア政府は仮想通貨に積極的な動きを見せています。

プーチン大統領はEthereumを強く支持し、今後ロシア開発銀行と提携することでフィンテック分野において、ブロックチェーンの技術の開発を推進していくようです。

・2017年9月 メトロポリスの開発スケジュールについて公表

Etherumの開発構想の中で、3段階目に当たるMetropolis(メトロポリス)について、アナウンスがありました。

・2017年10月 Metropolis(メトロポリス)へのアップグレードの第一弾Byzantium(ビザンチウム)が実行される。

・2017年10月 Vitalik氏が「ERC20(Augurなどイーサリアムを使ったICO)の90%も将来的には無価値になるでしょう。」と発言し話題に。

Ethereum(イーサリアム)の概要

発行日 2015年7月
ブロックチェーン Ethereum
公式サイト https://www.ethereum.org/
トークン名称  ether(ETH)
総トークン供給量 未定
承認システム Proof of Work/Proof of Stake
創業者 Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)

玲奈が考えるEthereum(イーサリアム)の将来性

Ethereumは、多くの可能性を秘めている通貨と言えます。

THE DAO事件によりEthereumのプラットフォームの信頼性が失われたこともありましたが、Ethereumは問題を乗り越え今でも市場では第2位のポジションを維持し、安定した信頼性を得ています。

金融系を始めとした企業も、このスマートコントラクトの技術に注目しています。

スマートコントラクトは決済の分野を越え、私たちの生活においてさまざまな方法でサービスとして利用されていくと思います。

そのため、Ethereumにはますます期待がかかりますね!

玲奈おすすめのEthereum(イーサリアム)購入方法

コインチェックでEthereumを買うと手数料が高いので、以下の手順で海外取引所から購入することをおすすめします。

コインチェックに登録する

②コインチェックでビットコインを購入する

③海外取引所(Bittrexなど)に登録する →登録方法はこちらをみてね♡

④海外取引所にコインチェックからビットコインを送金する

⑤ビットコインでEthereumを購入する。

スマホアプリが使いやすいCoincheck
次回の記事

次回はテックビューロについてまとめてみたいと思います。

仮想通貨を買う前に必ず読んでください

玲奈おすすめの取引所

仮想通貨を初めて買うなら手数料が安いZaif取引所がおすすめ

 

Coincheckの高い手数料にお困りではないですか?

ChangellyとCoincheckを組み合わせて使うことで、 最も有利なレートで仮想通貨を購入することができます。

Changellyのメリット・デメリットはこちら

 

レバレッジ15倍のbitFlyerでビットコインFXに挑戦しよう!

 

スマホアプリが使いやすいCoincheck
Pocket
LINEで送る