IOStoken (IOST)って?IOStokenの特徴や将来性についてまとめてみた

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

今日は現在高騰中のIOStokenについてまとめます。

2018年1月中旬にエアドロップをした時は1IOST=約3円でしたが、Binanceに上場したことで大きく値上がりしました。

 

IOStokenって?

IOS(Internet Of service)は、ブロックチェーンをベースとした次世代のオンラインサービスプロバイダー向けのプラットフォームです٩(•౪• ٩)

IOSプラットフォーム内のトークンをIOST(Internet Of service Tokenといいます。

IOSは従来のECサイトのようにユーザーにオンラインサービスやデジタルコンテンツを交換する場を提供するだけでなく、あらゆる種類のオンラインサービスプロバイダにとって堅固なインフラストラクチャを提供します。

IOStokenの特徴は?

オンラインサービスプロバイダー向けに設計されている

IOStokenはオンラインサービスプロバイダーがより簡単かつ安全に顧客向けサービスを提供するにはどうすればよいかという目的に即して作られています。

既存の中央集権型のサービスはハッキングリスクや、手数料が高いなどの問題があり、その解決策としてビットコインなど様々な仮想通貨が世にでてきましたが、拡張性に乏しくネットワーク速度の限界からFacebookやアマゾンなどの法人サービスをブロックチェーン上にのせることはできませんでした。

EDS

IOStokenはEDS(Efficient Distributed Sharding:効率的分散型分割機能)によりネットワークをshardsという単位に分割することで、ネットワーク全体を動かす必要がなく、最小単位のshardsを稼働させるだけでよいのでネットワークの高速化し素早くトランザクションを処理することができます。

拡張性とネットワークの透明性に優れている

IOStokendAppsとしての側面やスマートコントラクトを搭載し、サービス提供者が自由にサービスプラットフォームを構築することができます(ง ´͈౪`͈)ว 

IOSプラットフォーム内の取引は透明化され、サービス提供者は自分のサービスの状況を常に把握することができます。

IOSプライバシー保護、スケーラブルで安全なブロックチェーンは、オンラインサービスプロバイダーが顧客基盤を提供するための無数の新しい可能性を提供します。

承認システム「Proof of Believability」の採用

IOSネットワークでは将来的に自動走行車やドローン、携帯電話、自動販売機などあらゆるIT機器をノードとして活用できると考えられています。

それらがIOSネットワークに貢献するとプラットフォーム内のトークンIOSTが付与されます。

 

Proof of Believability

ビットコインのProof of Workと同様にIOSTokenのProof of Believabilityはブロックを生成したノードに報酬としてIOSTを付与しますが、ブロックを承認する権利を持つノードはIOSTokenの独自アルゴリズムに基づきランダムで決定されます。

この承認アルゴリズムがProof of Believabilityです。

NEMのPOI(Proof of Importance)同じようにネットワークへの貢献度や、POS(Proof of Stake)のようにどれだけIOSTの残高があるかにプラスして、サービスを利用した参加者からの評価がもっとも重視されたマイニングシステムになっています。

IOStokenの最新ニュース

2018年1月 Binanceに上場

uobiOKExで購入可能であったIOStokenですたBinanceに上場し、気軽に買えるようになりました。

時価総額ランキングも1,000位以下でしたが、Binanceに上場により一気に50位以下にジャンプアップしました。

2018年1月 AirDropを実施

IOStokenの概要

発行日2018年1月
トークン名称IOST
総トークン供給量21,000,000,000 IOST
承認システムProof of Believability
開発者Terrence Wang
公式サイトIOStoken公式サイト
ホワイトペーパーIOStokenホワイトペーパー

IOStokenについて玲奈の思うこと

自分でサーバーを借りてコンシューマ向けにECサイトなどの展開すると、サーバーの維持管理費用がとても高くなります。

そこで通常は楽天やアマゾンに出店する場合が一般的です。しかしIOSプラットフォームはブロックチェーン技術を用いてコンシューマー向けサービス提供事業者にセキュアなプロバイダーサービスを提供しようとしています(ง `ω´)۶

既存のプロジェクトはブロックチェーン技術を個人向けに利用することで、法人による仲介を排除することを目指す形が多かったのですが、IOSTokenはプラットフォームのターゲットをコンシューマ向けサービスを始めたい法人・個人事業者に限定し、ブロックチェーン技術を応用したプロバイダーサービスを提供しようとしている点で他との差別化、ニッチ戦略がしっかりしていると思いました。

roadmap

2019年3QにIOSネットワークのリリースを目指しており、まだ先は長いですがエアドロップでもらったIOSTを握りしめて気長に見守っていきたいとおもいますʕ•ᴥ•ʔ

玲奈おすすめのIOStoken購入方法

現在、日本の取引所でIOStokenを購入することはできません。

以下の手順で海外取引所からIOStokenを購入することができます。

海外取引所ではBinanceuobiOKExがIOStokenの取り扱いをしています。

IOStokenの購入方法
  1. Zaif取引所に登録する
  2. Zaif取引所でビットコインを購入する
  3. 海外取引所(例えばBinance)に登録する →登録方法はこちらを参考にしてください!
  4. 海外取引所にZaif取引所からビットコインを送金する
  5. ビットコインでIOStokenを購入する

▽Binance公式サイトはこちら

 

 
このブログを書いている人

丸の内OL3年目の玲奈です。2017年6月から仮想通貨投資を始めました!

誰にでもわかるブログを目指します(∩˃o˂∩)


仮想通貨を買う前に必ず読んでください

▼玲奈おすすめの取引所ランキング

仮想通貨を初めて買うなら手数料が安いZaif取引所が一番おすすめ!

いろんな種類の仮想通貨をお得に買える取引所

人気のリップルを買うならビットバンク!

▼仮想通貨取引に最適なネット銀行

振込手数料無料の住信SBIネット銀行

仮想通貨取引で使うなら住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のメリット・デメリットはこちら

Pocket
LINEで送る