仮想通貨のLoom Networkって?DApps向けプラットフォーム

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

DAppsゲームが注目を集める中、

今回はプラットフォームのLoom Networkについてまとめてみました。

DAppsに興味がある方、チェックです╭( ・ㅂ・)و ̑̑

Loom Network(ルーム・ネットワーク)とは?

Loom Networkとは、大規模なオンラインゲームやソーシャルアプリ向けの次世代ブロックチェーンプラットフォームのことです。

関心を持つ人々が、ソフトウェアを自らが実行することができる公平で透明性の高いプラットフォームを目指しています。

DApps向けのプラットフォーム開発しているプロジェクトです。

DAppsについてはこちらでおさらい(。・ω・。)

Loom Networkの特徴って?

ホワイトペーパーが存在しない

Loom Networkのプロジェクトには、ホワイトペーパーがありません!

開発者があえて用意していないようです(๑°⌓°๑)

開発者は、自分たちが計画した未来図だけを話すのだけではなく、実際に目に見える結果を重視して、プロダクトをリリースすることに焦点を当てています。

DAppChains

Loom Networkで使用されるDAppChainsはEtereumのスケーラビリティ(拡張性)問題も解決することができます。

往来のEthereumベースのDAppsは、全てメインチェーン上にコントラクトがあり、セキュリティを維持するために処理能力や速度を犠牲にしていた為、ゲームやアプリなどのDAppsにおいて処理スピードの障壁となっていました。

DAppChainsとはEtereumのスマートコントラクトと並行に動作するサイドチェーンのことです。

これはアプリケーションの特化型チェーンであり、トランザクションの処理をサイドチェーン上で行わせることで、トランザクションの詰まりを解消する事が可能です。

簡単に言うと通常はメインチェーンのみに処理をさせているところを、別のサイドチェーンでも処理させることで、処理スピードを確保する仕組みです(๑•̀ㅁ•́๑)✧︎

Ethereumの高いコストや遅いスピードに制限されることなく、大容量データのDAppの構築が可能になります。

Loomトークン

LoomトークンはEthereumをベースに作られたトークンで、ERC20互換のトークンとなっています。

Loom Networkプラットフォーム内でLoomトークンを利用できます(•ө•)

Loomトークン役割
  1. Loom Network上で稼働しているDAppsの会員権のような役割
  2. Loom Network上で稼働しているDAppsで利用
  3. DAppChainsとEthereum間のデータや資金の移動 

 

Loom Networkのロードマップ

4月:0.5リリース、Golang SDKにユーザーを追加

5月: Solinityサポートのリリースが0.8、より多くの人にベータ版を公開

6月: 1.0公開ベータ版 – すべての開発者が使用できるようにSDKが開かれる

6月 :  SDK公開予定

リリースから早い段階で開発が進んでて、6月には早くもSDKが公開予定となっています。

SDKとは

Loom Networkはアプリ開発者向けに開発キットSDK (Software Development Kit)を公開しています。

SDK(Software Development Kit)を使用することで、ブロックチェーンの実装を理解せずとも、独自のDAppChain上のアプリを作ることが出来ます。

Loom NetworkのDApps

Loom NetworkではDAppsがリリースされています(◍•ᴗ•◍)

DelegateCall

DelegateCallは最初にリリースされたDAppsとなります。

ブロックチェーンをベースにしたQ&Aアプリで、回答して評価を上げる事によりトークンが貰える仕組みとなっています。

Steemitと 似ていますが、ブログのプラットフォームではなく、あくまでBlockchainとEthereumのプログラミングに関するQ&Aサイトです。

CryptoZombies

CryptoZombiesDAppsの開発を学習できるサービスです。

自分のゲームをコーディングしてEthereum DAppsをコードする方法を学ぶプログラムを学びながら、イーサリアム上でゲームを作ります。

次世代のブロックチェーン開発者を育成するために、CryptoZombiesが開発されました。

最初にスマートコントラクトを構築する方法、その後にはLoom Network DAppChainを構築する方法を教えていきます。

楽しみながらも実践的にゲーム開発を習得できるレッスンとなっています。

EthFiddle

EthFiddleはDApps開発者向けの支援サービスです。

Solidityは他のプログラミング言語と違って便利な開発ツールがないのが現状です。

EthFiddleはSolidityのスニペットと呼ばれる簡単に利用できるコードを共有することができます。

Loom Networkの将来性

Loom Networkは2018年3月Kucoinに上場したばかりの銘柄です。

また、5月3日にはBinanceにも上場しました!

ホワイトペーパーもなく、ICOを行わず独自で資金調達も行ったようです。

当分の開発はゲームにフォーカスしているようで、今後どういったゲームやサービスが開発されていくのか楽しみであります。まだ、知名度は低いですが今後注目していきたいと思います!(´・ω・`)

LOOM購入方法

現在、日本の取引所でLOOMを購入することはできません。

以下の手順で海外取引所からLOOMを購入することができます。

有名な取引所ではBinanceがLOOMの取り扱いをしています。

LOOMの購入方法
  1. Zaif取引所に登録する
  2. Zaif取引所でビットコインを購入する
  3. 海外取引所(例えばBinance)に登録する →登録方法はこちらを参考にしてください!
  4. 海外取引所にZaif取引所からビットコインを送金する
  5. ビットコインでLOOMを購入する

▽Binance公式サイトはこちら

 

このブログを書いている人

丸の内OL3年目の玲奈です。2017年6月から仮想通貨投資を始めました!

誰にでもわかるブログを目指します(∩˃o˂∩)


仮想通貨を買う前に必ず読んでください

▼玲奈おすすめの取引所ランキング

人気のリップルを買うならビットバンク!

いろんな種類の仮想通貨をお得に買える取引所

▼仮想通貨取引に最適なネット銀行

振込手数料無料の住信SBIネット銀行

仮想通貨取引で使うなら住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のメリット・デメリットはこちら

Pocket
LINEで送る