Power Ledger(パワーレジャー)とは?注目ニュースや将来性についてをまとめてみた!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

今日は11月に玲奈の資産が大きく増えるきっかけになったPower Ledgerについてまとめます!

▽資産が倍増した11月の資産はこちら

Power Ledgerって?

Power Ledgerは、分散型エネルギートレードプラットフォームです。

プラットフォーム名称がPower Ledgerで、プラットフォーム内で流通するトークンをPOWRと呼びます。

Power Ledgerのプラットフォームを使うことで、ソーラーパネルで発電した電力を東京電力のような特定企業(仲介者)を通さずPeer To Peerで直接売買することができます(∩❛ڡ❛∩)

直接売買ができるので、ソーラーパネルを設置している家庭は、電力を電力会社に売るよりも高く売ることができます。

また、電力がほしい家庭にとっては、需給バランスに基づき決定した価格で安価に電力を購入することができます。

将来の電力供給は、一方通行ではなく個人や企業が作り出した電力を相互に売買し、より複雑になる

従来の電力供給は、巨大な電力発電所から作られた電力を送電線を通じて一方通行で行われてきました。

しかし将来の電力供給は、一方通行ではなく個人や企業が作り出した電力を相互に売買し、より複雑になるとPower Ledgerの開発者は考えています(๑•̀o•́๑)

Power Ledgerのプラットフォームを利用することで、複雑な電力売買の取引や消費履歴もブロックチェーンに記録することで改ざんができなくなります。

またアプリを使用してPower Ledgerにログインすると、自分の電力の使用量や取引の状況をすぐ把握することができるようになります!

さらにトークンのPOWRは、Ethereumベースのトークンなのでスマートコントラクトの機能持っています。

そのため複雑な電力売買契約でも自動執行することができます(。>v<。)

Power Ledgerの特徴

2種類のトークン

トークンにはPOWRとSparkzという2種類のトークンがあります。

トークンにはPOWRSparkzという2種類のトークンがあります。

POWRは、Power Ledgerプラットフォームを動かすための燃料となるEthereumベースのトークンです。

POWRはアクセス許可のためのトークンとして機能し、電力の売り手と買い手がPeer To Peer取引機能を利用することやその他のPower Ledgerアプリケーションにアクセスすることを可能にします。

SparkzはPower Ledgerをグローバルに同期させ、市場間の電力に互換性を持たせるためのトークンです。

POWRをそのまま電力売買に使用してしまうと、どこの取引所からPOWRを買ったかで電力料が変わってしまうので、POWRはPower Ledgerアプリケーションのアクセス許可トークンとして使用し、それとは別に電力単位の価値をSparkzトークンで表すことで電力料金の安定化させる考え方です。

価値の安定化のために1つのプラットフォームで複数トークンを利用する手法はFactomでも使われ、Factoid(FCT)とEntry Creditという2種類のトークンが使われています。

▽Factomについて詳しくはこちら

開発が活発に行われている

オーストラリアのパースを拠点とするPower Ledger株式会社によりPower Ledgerの開発は行われています

オーストラリアのパースを拠点とするPower Ledger株式会社によってPower Ledgerの開発は行われています。

NEMやEthereumのように非営利団体が開発するのではなく、事業会社が開発をするスタイルはRippleに近いと言えます。

共同経営者のDavid Martin氏は電力産業で20年の実務経験があり、その他の開発メンバーもファイナンスやマーケティングのプロなど幅広いメンバーによって開発が進められています。

▽PowerLedger_ioのメンバーはこちら

そしてなんと日本語のホワイトペーパーも公開されています!

日本語がめちゃくちゃなのもご愛嬌ですね( ´∀` )

▽Power Ledgerのホワイトペーパー(日本語/英語)

でも読むなら英語のホワイトペーパーの方がおすすめです。

Power Ledgerの注目ニュース

Indra社との提携

2017年2QにPower Ledgerは、世界的な大手技術プロバイダーのIndraとパートナーシップ契約を締結しました。

Indraの世界をリードするiSPEEDネットワーク制御と最適化されたプラットフォームにPower Ledgerの電力取引プラットフォームを組み合わせることで、将来的なリアルタイム電力取引を可能とする研究を共同で行います。

Synergy社との提携

2017年3Qにオーストラリア国営企業Synergyとの提携で、Power Ledgerはオーストラリアで最初のブロックチェーンベースの電気自動車充電用の電力売買環境を整備することを発表しました。

Energy Innovation of the Yearを受賞

2017年10月にPower Ledgerはオーストラリア国内の優れた電力関係企業を表彰するWA Energy Awardsで、2017年度のEnergy Innovation of the Year賞を受賞しました。

▽詳細はこちら

オーストラリア政府から助成金を受ける

2017年11月オーストラリア政府は、ブロックチェーン技術を使用して分散型エネルギーと水資源システムを統合するプロジェクトに総額800万ドルの助成金支給することを発表しました。

Power Ledger社も助成金の支給対象企業として選ばれました!

▽詳細はこちら

BCPG社との提携

2017年12月 にタイを拠点とし再生可能エネルギープロジェクトを手掛ける日本の会社BCPGジャパン(東京都港区)との提携を発表

2017年12月にタイを拠点とした、再生可能エネルギープロジェクトを手掛ける日本企業のBCPGジャパンとの提携を発表しました。

タイは、太陽エネルギーとブロックチェーン技術を活用して電力生産を改善しようとしています。

タイ政府の支援を受けたBCPGはこれを実現させるためにPower Ledgerと協力することを発表しました!

Power Ledgerの概要

発行日2017年7月
トークン名称POWR
総トークン供給量1,000,000,000POWR
創業者Bill Tai
Jemma Green
David Martin
John Bulich
公式サイトPower Ledger公式サイト
ホワイトペーパーPower Ledgerホワイトペーパー

Bill Tai, Jemma Green, David Martin, John Bulich

玲奈が考えるPower Ledgerの将来性

玲奈が考えるPower Ledgerの将来性

Power LedgerはPower Ledger社が開発を進める、壮大な電力取引プラットフォームであることが分かってもらえたと思います!

仮想通貨では非中央集権がメリットとして挙げられますが、Power LedgerはRipple社のような営利企業が発行するトークンなので、どちらかと言えば中央集権型です。

しかし、特定の企業が熱心に開発をして活動が目に見えるので、他の企業や政府にとっても安心感があり提携がどんどん決まっています(o´艸`)

実際にPower Ledger社が他の会社と提携を発表するたびに価格は上昇しています。

将来的に電力の購入方法は東京電力のような卸売り企業からではなく、個人や企業の発電した余剰電力をPeer To Peerで直接売買する時代が来るのかもしれませんね。

その時は取引記録をブロックチェーンに記録し、改ざん不可能な電力取引プラットフォームのPower Ledgerが使われ、プラットフォーム内で利用されるPOWRトークンの価値ももっと上がるかもしれません。

玲奈おすすめのPower Ledger購入方法

現在、日本の取引所でPower Ledgerを購入することはできません。

以下の手順で海外取引所からPower Ledgerを購入することをおすすめします。

有名な取引所ではBittrexBinanceがPower Ledgerの取り扱いをしています(◍•ᴗ•◍)

Power Ledgerの購入方法
  1. Zaif取引所に登録する
  2. Zaif取引所でビットコインを購入する
  3. 海外取引所(例えばBinance)に登録する →登録方法はこちらを参考にしてください!
  4. 海外取引所にZaif取引所からビットコインを送金する
  5. ビットコインでPower Ledgerを購入する

▽Binance公式サイトはこちら

 

このブログを書いている人

丸の内OL3年目の玲奈です。2017年6月から仮想通貨投資を始めました!

誰にでもわかるブログを目指します(∩˃o˂∩)


仮想通貨を買う前に必ず読んでください

▼玲奈おすすめの取引所ランキング

人気のリップルを買うならビットバンク!

いろんな種類の仮想通貨をお得に買える取引所

▼仮想通貨取引に最適なネット銀行

振込手数料無料の住信SBIネット銀行

仮想通貨取引で使うなら住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のメリット・デメリットはこちら

Pocket
LINEで送る