仮想通貨のRipple(リップル)とは?ニュースや今後についてまとめてみた!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

先日の記事で玲奈はリップラーとして生きていくと宣言したので、今日は勉強も兼ねてRipple(リップル)についてまとめてみたいと思います!

玲奈がリップラーになった経緯はこちら↓

Ripple(リップル)とは?

定義は諸説ありますが、Ripple(リップル)とは、即決性のある送金システムの事です。

銀行の送金システムがあると思いますが、それを格段に効率的に、利便性よく使えるシステムの事を指しています。

ちなみに、XRPはこのリップルのシステム内で使われる、法定通貨の間のブリッジ通貨のことです!(*´▽`*)

Ripple(リップル)の特徴とは?

国際送金に特化した仮想通貨

Rippleの最大の特徴は国際送金に特化しているという点です。

Rippleのミッションは、価値のインターネットの実現を目指しています。( ◞・౪・)◞

インターネットが生まれて、情報の流通が大きく変わったように、Rippleネットワークを通じて、資金の移動もスムーズにいく世界を目指しています。

Bitcoinとの違いは、特定の法廷通貨に依存せずに資金移動が完結できる事です。

Rippleの仕組みでは、この預金口座の資金が、一時的にリップルレートにより、XRP通貨に交換され、即座に受取先の通貨に両替えされます。( ゚ ω ゚ )

実際の取引は、IOUと呼ばれる「Rippleのネットワークの中で貸し借りした証明書」が発行されて、取引が実施されます!

XRPと呼ばれるブリッジ通貨が、システム内の通貨として、文字通り橋渡しとして移動します。

Bitcoin(ビットコイン)とは異なる仕組み

Rippleが採用している分散型台帳では、ビットコイン・ブロックチェーンのようなコンピューターの計算による取引の承認を行うのではなく、信頼できる一部の承認者(validator)による投票で承認が行われます。

この承認の仕組みはProof of WorkではなくProof of Consensusと呼ばれます。

Bitcoinの設計では利用する人口と、取引が増えれば増えるほど、ネットワークが重たくなってしまい、取引に時間がかかってしまいます。

Bitcoinとは違い、特定の承認者によってネットワークが管理される事で、即時性のある決済システムが成り立ちます。

承認者はRipple社によって管理されているので、中央集権的な発想に近しいかもしれませんが、究極的には全世界の銀行がこのネットワークを使えば、共有資産ともなり得ます。

承認する人のリストは、ユニークノードリスト(UNL)と呼ばれています。

スケーラビリティの観点から、世界中で同じ計算を膨大なエネルギーをかけて行うProof of Workの無駄を排除することに焦点をおいています。

特定の管理者が存在する

Rippleが中央集権か非中央集権かどうかは、承認者(validator)の選び方をみなさんがどう判断するかによると思います。

現在のところ、ユニークノードリスト(UNL)はリップルが管理しており、取引の承認者は全てRipple社によって決められています。

今後はリップルだけでなく、金融機関もvalidtorに入ってくると思われます(`・ω・´)ノ

もしハッキング被害があったとしても、管理者が存在するから混乱が早く収束するというメリットも出てきます。

リップルネットワーク

価値が安定している

RippleはBitcoinをはじめとする仮想通貨と仕組み自体が大きく異なっており、相場の波の影響を受けにくいです。

発行上限が1000億XPRと決まっており、Ripple社が646億XPR所有することで価値をコントロールしやすいのです。

▽エスクローについてはこちらの記事をどうぞ

決済時間が早い

Bitcoinとは異なり、決済にかかる時間が圧倒的に早いです。

1取引あたり10分ほど要するビットコインに対して、平均4秒ほどで決済が完了します(○´∀`○)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?

リップルネットワークの中心の仕組みの一つでもある、インターレジャープロトコル(ILP)について説明します。

図解しながら、見ていきましょう!(●・ω・)

送金から受け取りまで、複数の銀行を経由するため、時間、お金、手間がかかってしまいます

従来の国際送金の仕組みは、国内のA銀行から、海外のB銀行に送金するにあたり、複数の銀行を経由する必要がありました。

Swiftと呼ばれるグローバルな国際送金に特化した金融業界の標準化団体が発行したSwiftコードを使って日本から海外の銀行までの送金を行っています。

しかし着金されるまで時間もかかるし、どこの銀行まで届いているかがわからないし、複数の銀行を経由するため手数料も高くなりがちといった問題があります。

玲奈も経理のお仕事柄、海外の取引先口座に玲奈の会社の口座から代金をお支払いするときに、Swiftコードを使って送金を実施しますが、時間・手間・コストの面で不便に感じた経験があります(・д・`;)

そこでこのリップルネットワークが解決につながります!

リップルネットワークを通じて、中継銀行を経由せず、送金が可能

提携している各国銀行のネットワークとシステム接続し、送金処理の簡素化・迅速化を実施します。

このネットワークを拡張したのがインターレジャープロトロコル(ILP)です。

銀行だけではなくPaypalはじめあらゆる電子取引との連携が可能となる

普段決済や資金を移動する時は、必ずしも銀行との窓口だけとは限られませんよね?

クレジットカード、デビットカード、Paypal、LinepayやSuicaなどありとあらゆる決済手段が出てきています!!

こうした決済手段の規格(ルール)は、各媒体によって異なります。

例えば、Suicaに入っているお金を、友達のSuicaに簡単に振り込む事が出来たら?

楽チンかつ、早いですよね!!(。・v・。)

こうした構想が実現すれば、オフラインでの送金処理は全てなくなり、オンライン上での資産の移転が完成される事が起きます。

Ripple(リップル)のニュース

玲奈が英語の記事を訳してまとめています!

全供給量(1000億)のうち半数以上をRipple社が保有し、市場に流通す総量を制限することで、好循環をもたらすと発表しています。

実験を始める連合体はSBIホールディングスと、SBIリップルアジアが取りまとめる「内外為替一元化コンソーシアム」。

連合体にはこのほど三菱東京UFJ銀行や滋賀銀行なども新たに加わり、4月26日時点で56行が参加している。

Rippleを利用する企業・団体の最新の状況はこちらをご確認ください。

SBIホールディングス株式会社は、ブロックチェーン技術を活用した次世代決済基盤を開発、提供しているRipple Labs Inc.(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Chris Larsen、以下「リップル社」)と共同で、日本を含むアジア地域を事業対象としたSBI Ripple Asia株式会社を設立しました。

Rippleの概要

発行日2013年2月
トークン名称XRP
総トークン供給量1000億XRP
アルゴリズムXRP Ledger
承認システムProof of Consensus
創業者Ryan Fugger
公式サイトRipple公式サイト
ホワイトペーパーRippleホワイトペーパー

Ryan Fugger

キアヌ・リーブスのようなイケメンですね♡

玲奈が考えるRippleの今後

Ripple社はこれまで累計で約8600万ドル以上の資金調達に成功しており、求人もデザイナー、ソフトウェアエンジニアまで幅広く募集かけており、まだまだ拡大の動きが予想されます。

みなさんもRipple社で働いてみたくはありませんか?

いまのGoogle社のような誰もが働きたい会社に5年後Ripple社が成長しているかもしれません。

玲奈も丸の内OLをやめてサンフランシスコOLに転身しようか迷ったことがあります笑

拠点も現在はサンフランシスコだけでなく世界中に広がりを見せています。

いま国際送金の仕組みが大きく変わる時代の節目に立っています( ˘͈ ᵕ ˘͈  )

銀行のような保守的な組織が国際送金の仕組みを完全に新しいものにしようと動き始めています。

新しい仕組みで誰もが本当にそんな仕組みが大丈夫なのかわかりません。

そんなとき誰か送金時のトラブルに対処してくれる特定の管理者がいないと銀行としても新たな国際送金システム採用することは難しいのではないでしょうか。

その点Ripple社という特定の管理者を配置することで安心して銀行もRippleネットワークを用いて国際送金の効率化を実現することができます。

インターレジャープロトロコル(ILP)を用いて、価値のインターネット化を実現するという大きなミッションを掲げて進み続けるRipple社の動向に今後も目を離せません。

Ripple(XRP)購入方法

CoincheckでRipple(XRP)を買うと手数料が高いので、以下の手順で海外取引所から購入することをおすすめします。

Coincheckに登録する

②Coincheckでビットコインを購入する

③海外取引所(Bittrexなど)に登録する →登録方法はこちらをみてね♡

④海外取引所にコインチェックからビットコインを送金する

⑤ビットコインでRipple(XRPを購入する。

コインチェックのメリット・デメリットはこちらの記事をどうぞ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
次回の記事

次回はイーサリアム(Etherum)についてまとめてみたいと思います。

仮想通貨を買う前に必ず読んでください

玲奈おすすめの取引所

仮想通貨を初めて買うなら手数料が安いZaif取引所がおすすめ

 

Coincheckの高い手数料にお困りではないですか?

ChangellyとCoincheckを組み合わせて使うことで、 最も有利なレートで仮想通貨を購入することができます。

Changellyのメリット・デメリットはこちら

 

レバレッジ15倍のbitFlyerでビットコインFXに挑戦しよう!

 

スマホアプリが使いやすいCoincheck
Pocket
LINEで送る