仮想通貨Verge(ヴァージ)とは?最新ニュースや今後の将来性についてまとめてみた!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

先日、仮想通貨の用途別分類表を記事にしました。

以前まとめたDash、Monero、Zcashの他にも匿名通貨があったので、その中でも最近バージリスクくんでおなじみのVerge(ヴァージ)についてまとめてみます!

Verge(ヴァージ)って?

Verge(ヴァージ)は、Tori2Pというプライバシー保護のためのネットワークを複数採用した、安全な匿名性通貨で、通貨単位はXVG(ヴァージ)です。

誰から誰にいくら送金したか?を見えなくする匿名性の特徴をもつ通貨は匿名3兄弟のDash、Monero、Zcashが有名です。

開発が早くコミュニティが活発なVergeは、ゴッドファーザーで例えるなら3兄弟のように血の繋がりはないものの、働き者でファミリーから信頼されているトム・ヘイゲン的な存在でしょうか(o’v’o)゚

開発が早くコミュニティが活発なVergeは、ゴッドファーザーで例えるなら3兄弟のように血の繋がりはないものの、働き者でファミリーから信頼されているトム・ヘイゲン的な存在でしょうか

janeaustenrunsmylifeより引用

▽匿名3兄弟のDash、Monero、Zcashの記事はこちら

▽Vergeをさくっと理解するためにはこちらの動画がおすすめです。

Verge(バージ)の特徴

Vergeには4つの特徴があります。

①プライバシー保護を重視した匿名性機能

Vergeは、Tori2Pなどの複数の匿名性中心のネットワークを使用しています。

ユーザーのIPアドレスを隠し、トランザクションは完全に追跡できません。

Dash、Monero、Zcash、Vergeの匿名方法比較表

Torとi2Pについてはのちほどご説明します。

そしてレイスプロトコルという技術を仮想通貨で最初に実装し、ユーザーが取引情報を公開するか非公開 とするか取引ごとに選択することができるようになっています。

Torとi2Pによって保護されているため、どちらを選択しても匿名性は確保されたままです。

レイス・プロトコルとは?

レイス・プロトコルとは?VERGE JAPAN official blogより引用

②コミュニティの活動が活発

Vergeは、RippleのようにプレマイニングされたコインやICOによって資金を調達した事業会社ではありません。

Bitcoinのように、すべての開発とマーケティングは、数千人のコミュニティメンバーによってサポートされています。

Vergeはコミュニティの活動がとても活発で、ラジオもあるみたいです(笑)

ためしにTelegramをのぞいてみましたが、活発に議論していましたヽ(・∀・ヽ)

Telegramをのぞいてみましたが、活発に議論していました

日本でもVerge Japanというコミュニティがあり、サバ案さん(@ripple_chan)や、みお@勉強中さん(@cryptojd1010)、maeotsuさん(@maeotsu_00)がVergeの普及活動をしているので、チェックしてみてください!

バージリスクくん(@vergeliscus)というキャラクターもいて、かわいいバジ〜(ू•ᴗ•ू❁)

③高速で送金できる

他のコインに比べて、取引スピードが速いです。

Simple Payment Verification(SPV)技術により、平均取引確認時間が約5秒に短縮されます。

SPV技術を使わない場合でも、30秒で送金ができます。

5秒は匿名3兄弟の承認速度と比較しても、とても速いことがわかります(。>v<。)

Dash、Monero、Zcash、Vergeの承認速度比較表

また、専用のウォレットでメッセージアプリでつぶやくように送金したり、monacoinと同じようにTwitterでVergeのチップを送ることができます(=^・ω・^=)

入金するとき

Vergeをチャージするために入金する場合、入金用のアドレスを確認する必要があります。

  1. 「@vergetips address」とツイートする
  2. 出てきたアドレスにbittrexなどの取引所から送金して入金する

誰かに送金したいとき

「@vergetips tip@相手のtwitterID 金額(半角数字) 」とツイートすれば送ることができます。

残高を確認するとき

「@vergetips balance」とつぶやくとウォレットの残高を確認できます。

④複数のウォレットに対応

開発者の活動が活発なので、ユーザーの使用環境に合わせた様々なタイプのウォレットが開発・提供されています!

開発者の活動が活発なので、ユーザーの使用環境に合わせた様々なタイプのウォレットが開発・提供されています!

ウォレットは公式ページからダウンロードできます。

Verge Electrumの文字が複数見えますが、Verge専用のウォレットです。

Verge Electrumは送金のスピードと匿名性の確保そして安全な使用環境に特徴があります。

  1. SPVにより5秒で高速送金が可能
  2. Torとi2pが使える唯一のverge対応ウォレット
  3. PCとスマートフォン双方で送金処理をしないと送金が実行されない仕組みにできる

Verge Electrumのダウンロードはこちらから

 

Torネットワークって?

Tor(トーア: The Onion Router)とは、TCP/IPにおける接続経路の匿名化を実現するための規格、及びそのリファレンス実装であるソフトウェアの名称であり、P2P技術を利用したSOCKSプロキシとして動作する。

Torは主として接続経路を匿名化するものであり、通信内容を秘匿するものではない。

Torでは経路の中間に限り一応の暗号化を行っているが、経路の末端では暗号化が行われていない。

通信内容の秘匿まで行う場合は、TLSなど(HTTPSやSMTP over SSLなど)を用いて、別途暗号化を行う必要がある。

Tor-Wikipediaより引用

難しいのでよくはわかりませんが、接続の経路を匿名化することで、XVGをだれが送ったか情報がサーバーを経由するごとの削除していく ことで、XVGを受け取った人は誰がXVGを送ったのか知ることができなくなるみたいです。

TorによりXVGの送金経路の追跡が不可能になり匿名性を維持したうえで簡単にVergeを決済通貨として使うことができるのです。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

i2Pって?

I2P(The Invisible Internet Project: 「不可視インターネットプロジェクト」)とは、コンピュータネットワークによる通信の始点と終点を匿名化し、さらに端点間の通信内容も暗号化するという方法で匿名化されたネットワークを構成するソフトウェア、およびプロトコルの名称である。

I2Pを利用する事で、IPアドレスを公開する事なくWWWサーバやIRCサーバを提供する事ができ、利用者側もIPアドレスを秘匿してサービスを受ける事ができる。

I2P-Wikipediaより引用

i2P(Invisible Internet Project)はIPプロトコルの匿名性を向上させる技術みたいです。

Torでネットワークの経路を匿名化し、i2PでIPプロトコルの始点と終点を匿名化する。

2つの合わせ技でVergeは匿名性を確保しているみたいです。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

Verge(ヴァージ)の概要

発行日2016年2月
※Vergeは2016年2月にDogcoinDarkをリブランドして誕生
トークン名称XVG
総トークン供給量16,555,000,000 XVG
アルゴリズムScrypt, x17, groestl, blake2s, lyra2rev2
5つのアルゴリズムの組み合わせ
ブロックチェーンVerge
承認システムProof of work
公式サイトVerge公式サイト
ホワイトペーパーVergeホワイトペーパー

玲奈が考えるVerge(ヴァージ)の将来性

調べてみると、Vergeはコミュニティも開発者もVergeを決済通貨として普及させる活動を積極的に行っていることがわかりました。

以前ニルスさんがこんな発言をしていましたが、VergeはMoon銘柄になってほしいですね( ´ー`)⊃

匿名3兄弟のDash、Monero、Zcashと比べると、同じく匿名性機能をもつ決済通貨のカテゴリながら時価総額は大きく下のほうにいるため チャンスはまだあるかもしれません!

匿名通貨全般に言えることですが、資金の流れを明らかにしたくない取引向けに需要があるので、しばらくはVergeにもチャンスがあると思います。

ただ、将来的に国の規制に影響を受ける可能性があることは覚えておく必要があります(ฅ`ω´ฅ)

玲奈おすすめのVerge購入方法

現在、日本の取引所でVergeを購入することはできません。

以下の手順で海外取引所からVergeを購入することができます。

有名な取引所ではBittrexBinanceがVergeの取り扱いをしています。

最新の取り扱い取引所はVerge公式サイトで確認できます。

Vergeの購入方法
  1. Zaif取引所に登録する
  2. Zaif取引所でビットコインを購入する
  3. 海外取引所(例えばBinance)に登録する →登録方法はこちらを参考にしてください!
  4. 海外取引所にZaif取引所からビットコインを送金する
  5. ビットコインでVergeを購入する

▽Binance公式サイトはこちら

 

このブログを書いている人

丸の内OL3年目の玲奈です。2017年6月から仮想通貨投資を始めました!

誰にでもわかるブログを目指します(∩˃o˂∩)


仮想通貨を買う前に必ず読んでください

▼玲奈おすすめの取引所ランキング

仮想通貨を初めて買うなら手数料が安いZaif取引所が一番おすすめ!

いろんな種類の仮想通貨をお得に買える取引所

人気のリップルを買うならビットバンク!

▼仮想通貨取引に最適なネット銀行

振込手数料無料の住信SBIネット銀行

仮想通貨取引で使うなら住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のメリット・デメリットはこちら

Pocket
LINEで送る