GMOコインでビットコインFXを遊んでみよう!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

この記事ではGMOコインのメリット・デメリットと登録方法を説明します(`・ω・´)/

GMOコインって?

GMOコインは、GMOグループ会社が運営する仮想通貨取引所です。

2017年9月29日 GMOコインは金融庁に正式に仮想通貨交換事業者として登録されました!

金融庁発表仮想通貨交換業者登録一覧 (2017年12月1日付)

会社概要

  • 社名 GMOコイン株式会社
  • 設立 2016年10月
  • 代表名 石村 富隆
  • 所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
  • 資本金 17.58億円(準備金含む)
  • 事業内容 仮想通貨関連事業

取り扱い通貨

GMOコインは現在5種類の通貨を扱っています。

人気のコインRipple(XRP)も扱っています(๑ˇεˇ๑)

GMOコインのメリットは?

スマホアプリが使いやすい

仮想通貨のFXトレードをするには、PCや大画面のディスプレイでトレードするイメージが強いかもしれません(∵・ω・)

GMOコインのスマホアプリ、【ビットレくん】ならサクサク取引をする事ができます(◍•ᴗ•◍)

チャートでは、様々な指標を確認できて、スマホからでもサクサクトレードできます!

本格的に仮想通貨FXチャレンジする前に、超小額でスマホで練習として、色々いじってみてると、FXに慣れてくるかもしれません。

*元々GMOコインはレバレッジ25倍が大きな特徴ではありましたが、現在は一律5倍になっています。

最新の手数料については公式サイトで確認しましょう。

グループ会社としてのノウハウが蓄積されている

GMOコインの株主として、GMOインターネットグループがいます୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

GMOインターネットグループは、IT事業としての運営はもちろん株式/金融商品に関する取り扱う事業も有名ですね。

ガッキーの広告で知れ渡る、GMOクリック証券にいたっては、FX年間取引高が世界1位となっています٩(๑❛ㅂ❛๑)(*GMOクリック証券HPより参照)

その為、サーバー運用に長けているのかサーバーが落ちにくいようです。

シンプルな販売所形式

現物取引において、GMOコインは取引所ではありません!

コインチェックのアプリと同様に、販売所に該当します(っ ` -´ c)

販売所は、GMOコインが所有する仮想通貨を売買する形式に該当します。

販売所と取引所の違いや購入方法など詳しくはこちら

GMOコインの場合は現物売買における取引手数料が無料なのもポイントですね(。・ ω<)ゞ

GMOコインのデメリットは?

ビットコインスプレッドの変動が激しい!!!

急激な相場変動の時はスプレッド手数料がベース1500円~50000円前後まで変動する時がありますヾ(。>﹏<。)ノ

スプレッド手数料が異常に高い時に、売買してしまうとなかなか厳しいので、スプレッドの乖離を事前にしっかり確認する事をおすすめ致します!!!

ただ、現物売買は業界最安水準のスプレッドなので仮想通貨を購入する方におすすめです。

玲奈が思うこと

GMOコインは口座の開設もとても簡単で、Ripple(XRP)などの人気の仮想通貨も手数料なしで購入することができます(*´꒳`*)

また、チャートの機能も多彩で口座開設も無料できますし、現在20000satoshiプレゼントキャンペーンも実施中なので興味持たれた方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか!

ビットコインFXを初めてみたいけど怖いなと考えている方も、まずは小額からはじめてスタートしてみる事からおすすめ致します。

レバレッジも最大で5倍までしかかけれないので、トレード勝負の場数を踏む土台に適していると思っています(*◕ω◕)ノ

勉強も兼ねて、GMOコインでビットコインFXを遊んでみましょう~!!

Pocket
LINEで送る