QUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリット・デメリットや登録方法をまとめてみた。

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

今日はアジア最大の取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)についてまとめてみます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)って?

金融庁から仮想通貨交換事業者としての正式登録された

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、QUOINE(コイン)株式会社が運営する2014年11月に設立された仮想通貨取引所です。

日本ではまだ知名度がありませんが、世界では有名な取引所の一つです。

2017年9月には金融庁から仮想通貨交換事業者としての正式登録されたことでも話題になりました。

また11月6日からQUOINE株式会社が独自開発したブロックチェーンを活用したLIQUID(リキッド)のICOが始まります。

▽LIQUID(リキッド)のICOはこちらの記事にまとめています。

LIQUID(リキッド)プラットフォームで使われるトークンをQASH(キャッシュ)と呼びます。

LIQUID(リキッド)のICOに参加し、QASH(キャッシュ)トークンを購入するにはQUOINEX(コインエクスチェンジ)に登録する必要があります!

▽QUOINEX公式サイトはこちら

QUOINEX

似たような名前が大量に出てきたのでここで整理しましょうL(・o・)」

ワードおさらい
  • QUOINEX(コインエクスチェンジ)=取引所の名前
  • QUOINE(コイン)株式会社=QUOINEX取引所の運営会社
  • LIQUID(リキッド)=QUOINEX株式会社が11月6日よりICOにより資金調達した上で開発を進める仮想通貨取引プラットフォーム名称
  • QASH(キャッシュ)=LIQUID(リキッド)プラットフォーム内で使われるトークン名称

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリットは?

ビットコイン現物取引の手数料が無料

ビットコイン現物取引の手数料が無料

QUOINEXのメリット1つ目は、ビットコイン取引にかかる手数料が無料なことです。

最も有名な仮想通貨取引所のBittrexの手数料が0.25%であることからも手数料0%はすごいことだと思います(*・∀・*)

複数の通貨ペアに対応

取り扱う仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュと3種類しかありませんが、法定通貨は日本円やドル、ユーロを含めて10種類の法定通貨の取り扱いをしています。

法定通貨同士の交換取引も可能なため、イメージ的にはFXに仮想通貨の取り扱いも追加したような感じです(ฅ`ω´ฅ)

取引通貨

仮想通貨:BTC、ETH、BCH

法定通貨:JPY、USD、EUR、AUD、HKD、SGD、CNY、PHP、INR、IDR

25倍までのレバレッジ取引が可能

ビットコイン現物取引の手数料が無料

国内取引所で25倍は現時点では最大のレバレッジです。

ほかにもbitFlyerやGMOコインが現在レバレッジ25倍まで可能です。

さらに法人アカウントでは、日本の取引所では最大のレバレッジ50倍までのレバレッジ取引が可能です。

通常レバレッジ取引はPCでないとできませんが、QUOINEXはスマートフォンアプリでもレバレッジ取引が可能なところが素晴らしいですねヾ(。>v<。)ノ゙

QUOINEXはスマートフォンアプリでもレバレッジ取引が可能

サポートの充実

QUOINEX取引所はサポートが特徴的です。

なんとメールの他、LINEで運営に問い合わせができるみたいです!

QUOINEX取引所はLINEで運営に問い合わせができる

LINE窓口は9:00~17:00(土・日・祝日を除く)での対応となるそうです。

LINE窓口は9:00~17:00(土・日・祝日を除く)での対応となるそうです。

そのほか、QUOINEXはサーバー落ちに強いので、他の取引所を使っていて取引の際のサーバー落ちに苦しんでいる方は、QUOINEXぜひ試してみてください(〃’ω’)

QUOINEX取引所はサポートが特徴的

QUOINEX(コインエクスチェンジ)のデメリットは?

取り扱う仮想通貨の種類が少ない

メリットの中でも述べましたが、取り扱う通貨は仮想通貨がビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュと3種類しかありません。

取引通貨

仮想通貨:BTC、ETH、BCH

法定通貨:JPY、USD、EUR、AUD、HKD、SGD、CNY、PHP、INR、IDR

Coincheckの12種類と比べると物足りないかもしれません(o´・ェ・`o)

盗難補償がない

bitFlyerは最大500万円の現金に対して、Coincheckは最大100万円仮想通貨の盗難補償を2段階認証設定済みのアカウントに対して盗難補償を行なっています。

しかしQUOINEX取引所はいざというときの盗難補償はありません( p′︵‵。)

QUOINEXの登録方法

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の登録方法を説明します。 

今回は、PCから登録する方法をご紹介します!

QUOINEXへアクセス

まず、QUOINEX(コインエクスチェンジ)へアクセスします。 

▽QUOINEX公式サイトはこちら QUOINEX

右上のマークをクリックし、日本語をクリックし、言語を変更します。 

右上のマークをクリックし、日本語をクリックし、言語を変更します。

居住地国の選択

居住地国を選択し、[次へ]をクリックします。 

居住地国を選択し、[次へ]をクリックします。

口座情報の詳細入力

口座種別、メールアドレス、パスワードを入力します。

口座種別は個人または法人を選択します。

日本以外に居住地国がなければ、「私は、日本以外に居住地国が無いことを確約します。」にチェックをつけます。 

口座種別、メールアドレス、パスワードを入力します。

姓名、生年月日、性別を入力します。

ここでは、免許証など本人確認書面と同じ内容で入力をしてください!( ・`ー・´) 

外国の公人や親族でなければ、「私は外国の重要な公人、もしくはその親族ではありません」にチェックをつけます。

詳しくは外国PEPsについてを参照してください。 

姓名、生年月日、性別を入力します。

住所と携帯番号を入力します。 

住所と携帯番号を入力します。 

職業について入力をします。

職業を選択し、勤務地の住所と電話番号を入力します。 

職業を選択し、勤務地の住所と電話番号を入力します。 

財務情報や投資の経験について回答します。

収入源、年収、投資可能資産、投資目的を選択します。 

収入源、年収、投資可能資産、投資目的を選択します。

投資経験、申込の経緯について回答します。

未経験の場合は1年未満を選択します。

全て入力、選択したら[次へ]をクリックします。 

投資経験、申込の経緯について回答します。

入力内容確認

入力内容が本人確認書面と相違ないかを確認します。 

入力内容が本人確認書面と相違ないかを確認します。

本人確認書類提出への同意書と各種規約を読み、同意できれば「確認し、同意します。」にチェックをつけ、[次へ]をクリックします。

本人確認書類提出への同意書と各種規約を読み、同意できれば「確認し、同意します。」にチェックをつけ、[次へ]をクリックします

メールの確認

入力したメールアドレスに確認メールが届くので、メール記載の[Confirm my account]をクリックします。 

入力したメールアドレスに確認メールが届くので、メール記載の[Confirm my account]をクリックします。 

[Confirm my account]をクリックするまでは、ログインできないので注意してください! ヾ(*・∀・)/

ログイン

登録したメールアドレスとパスワードでログインします。 

登録したメールアドレスとパスワードでログインします。 

ホーム画面はこんな感じです。 

ホーム画面

2段階認証の設定

ここで、2段階認証の設定も行なっておきましょう!

右上のアカウント名をクリックすると「2段階認証が有効になっていません」と表示されるので、クリックします。 

右上のアカウント名をクリックすると「2段階認証が有効になっていません」と表示されるので、クリックします。

[セキュリティ]から[2段階認証設定を有効にする]をクリックします。  

[セキュリティ]から[2段階認証設定を有効にする]をクリックします。 

Google Authenticatorで表示されたQRコードをスキャンし、Google Authenticatorに表示される6桁の数字を入力し、[2段階認証設定を有効にする]をクリックします。 

Google Authenticatorで表示されたQRコードをスキャンし、Google Authenticatorに表示される6桁の数字を入力し、[2段階認証設定を有効にする]をクリックします。

本人確認資料の提出

右上のアカウント名をクリックすると「書類未提出」と表示されるので、クリックします。 

右上のアカウント名をクリックすると「書類未提出」と表示されるので、クリックします。

[プロフィール&口座開設状況]より、本人確認書類の画像をアップロードします。

ファイルを選択し、[本人確認書類をアップロードする]をクリックします。

本人確認資料は

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 個人番号カード※マイナンバー通知カードは不可
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)  
  • 各種健康保険証 

などが有効です。 

詳しくはご本人確認資料【QUOINEX】をご確認ください。 

[プロフィール&口座開設状況]より、本人確認書類の画像をアップロードします。

アップロードしてすぐは、ステータスも変わらないし、サムネイルが表示されるわけでもないし、更新するとファイル名も消えてしまうので、本当にアップロードできたのかな???と不安になります(・-・`*

しかし、次の日にはステータスが変わっていたので安心してください。

ステータスが変わらない場合はもう一度本人確認書類をアップロードしてみてください(*´∨`*)

次の日にはステータスが変わっていたので安心してください

玲奈が思うこと

11月6日からQUOINE株式会社は独自開発したブロックチェーンを活用したLIQUID(リキッド)のICOが始まりました。

LIQUID(リキッド)のICOに参加し、QASH(キャッシュ)トークンを購入するにはQUOINEX(コインエクスチェンジ)に登録する必要がありますので、興味があればまずは登録してみてください。

QUOINEX取引所は取引手数料が無料で、レバレッジも最大25倍まで対応しているのでICOに参加しない方にもおすすめです。

▽QUOINEX公式サイトはこちら

QUOINEX

世界中の取引所を一つにつなぐ壮大なLIQUID(リキッド)には玲奈も期待していますヽ(・∀・ヽ)(ノ・∀・)ノ

▽LIQUID(リキッド)のICOについての詳細はこちらの記事をご連絡ください。

私も少しだけですが参加する予定です!

なお参加には最低0.5ETHが必要です。 ※0.5ETH=500QASH(1QASH=0.001 ETH)が最低購入単位です。

次回の記事予告

次回はもう一つ玲奈が参加予定のあるICOについてまとめてみたいと思います。 お楽しみに(๑•̀д•́๑)

仮想通貨を買う前に必ず読んでください

玲奈おすすめの取引所

仮想通貨を初めて買うなら手数料が安いZaif取引所がおすすめ

 

Coincheckの高い手数料にお困りではないですか?

ChangellyとCoincheckを組み合わせて使うことで、 最も有利なレートで仮想通貨を購入することができます。

Changellyのメリット・デメリットはこちら

 

レバレッジ15倍のbitFlyerでビットコインFXに挑戦しよう!

 

スマホアプリが使いやすいCoincheck
Pocket
LINEで送る