【2018年2月】仮想通貨市場が暴落した原因は?

Pocket
LINEで送る

るこんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)

1月に続き2月に入っても仮想通貨の暴落が続きましたね(;・ω・)

2月6日には1BTC=6,048USDまで下落しました!

価値が急落するきっかけを作ったのは何なのか、それを明らかにするのは難しいでが、考えられている要因をいくつか挙げてみました。

1月に発生したコインチェック社のNEM流出事件に続き、テザー疑惑中国での規制の動き世界的株式市場暴落などが、仮想通貨暴落の要因として考えられています。

テザー(Thether)疑惑

テザー(単位はUSDT) とはテザー社が発行する1ドルに固定された仮想通貨のことです。

ドルと連動する「ペッグ制」が特徴のテザーは、Bitfinixを含め、多くの主要な仮想通貨取引所の運営に欠かせません。

ここ数カ月、テザーについての懸念が広がりました。

ドルとテザーが同等の価値であることが条件であり、そうでないとテザーの価値は安定しません。

市場に出回るテザーと同量のUSDが準備金として必要ということになります。

ここでの疑惑は、テザー社は本当に市場にすでに出回っている2000億円近いドルを持っているのかということです(*_*)

昨年のビットコイン価格上昇の多くはテザー新規発行後の2時間で起こっているとの指摘があり、USDTがビットコインの価格操作に使われているのではないかと言う疑惑があります。

さらには監査法人との契約の打ち切りなどが噂されています。

ただし、この一連の報道も何が正しいかは判断不可能であり、不安を煽るニュースが連発されている影響のようです。

世界的な株式市場大暴落

2月5日はニューヨーク株式市場で大暴落が発生し、ダウ平均は一時1,500ドル下落という過去最大の下げ幅となりました。

この影響が仮想地通貨の市場にまで及んだのか、ビットコインの価格も5,947ドルと直近2ヶ月間で最安値に達しました。

市場への打撃は投資家をパニックにさせ、ビットコインの売却を引き起こす可能性もあります。“火に油を注ぐ”こともあるということです(´・ω・`)

各国の規制報道・テザーの不正発行疑惑、仮想通貨の流出事件などで仮想通貨に対する印象が悪くなっている状況が重なり、今回株式相場との強い相関が生じたという見方もあります。

元の記事はこちら

銀行クレジットカードでの仮想通貨購入を禁止

2月5日米大手クレジットカード発行会社は、クレジットカードを使った仮想通貨の購入を停止することを発表しました。仮想通貨取引に関連した信用リスクを回避したい意向です。

また、イギリスのロイズ銀行グループは、同行のクレジットカード利用者がビットコインなどの仮想通貨を購入することを認めないと発表しています。

元の記事はこちら

アメリカ 上院銀行委員会 公聴会にて 仮想通貨について言及

2月6日米金融当局は、仮想通貨の規制に対する方針を発表しました。

米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長と米商品先物取引委員会(CFTC)のジャンカルロ委員長は公聴会で証言しました。

ICOの多くが必要な登録をしていないと指摘し、今後は監視を強化するとともに、包括的な規制が必要だと強調してます。

仮想通貨はアメリカでは州と連邦レベルの規制関係がばらばらに市場の断片を監視しており、監督体制が継ぎはぎ状態となって流ことで規制の抜け穴が生まれ、不正行為の温床になりかねないと指摘しました。

今後、仮想通貨の監督権限を強める必要があることは示唆したものの、むやみに処罰する必要はなく、投資家に注意を促す程度となりました。

アメリカでは他にもFacebook と Instagram での仮想通貨関連の広告(ICOを含む)を禁止しています。

元の記事はこちら

中国 規制強化を発表

2月6日中国は昨年9月より規制を強化ししていますが、更に規制を強化することを報じています。

規制の一つとして、「国内外のウェブサイトへの対応」が含まれています。

これまでは、仮想通貨取引所やICOを規制の対象としていましたが、プライベートな売買は禁じてこなかったのです。

これにより、メッセージアプリや海外のウェブサイトを介して行われている売買経路が一部失われる可能性があります(´・д・`)

国による規制はプレイベートな取引まで及んでいるようですが、一方で中国の仮想通貨トレーダーは高いインターネット技術を持っているので、こうした規制を回避する特殊なソフトウェアを使っているようです。

元の記事はこちら

玲奈の考察

あくまで、考えられる要因をまとめました。

仮想通貨の値動きは、世界規模で起きている出来事に左右されます。今回の暴落はテザー疑惑は主な要因だと断定することはできません。゚(゚´ω`゚)゚。

投資の判断となる情報をできるだけ多く収集し、多角的に市場を分析していきましょう!

 

このブログを書いている人

丸の内OL3年目の玲奈です。2017年6月から仮想通貨投資を始めました!

誰にでもわかるブログを目指します(∩˃o˂∩)


仮想通貨を買う前に必ず読んでください

▼玲奈おすすめの取引所ランキング

人気のリップルを買うならビットバンク!

いろんな種類の仮想通貨をお得に買える取引所

▼仮想通貨取引に最適なネット銀行

振込手数料無料の住信SBIネット銀行

仮想通貨取引で使うなら住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のメリット・デメリットはこちら

Pocket
LINEで送る