さくっと分かる!【1月後半】仮想通貨イベントスケジュール

Pocket
LINEで送る

こんにちは、丸の内OLの玲奈(@reinabb3)です!(•̤̀ᵕ•̤́๑)!

今日は2018年1月後半の仮想通貨関連イベントを簡単にピックアップしてみました。

あくまで、1つの情報として参照してください(◎`・ω・)ノ゙

スケジュールを見るポイントって?

取引所への上場や、国際的なカンファレンスでの重要なアナウンス、プロダクトのリリース、通貨のアップデートやハードフォークが行われると価格に影響が出てきます。

Twitterやブログで情報収集することも良いですが、こういった価格に影響が出てきそうなイベントも前もって確認しておくと良いでしょう( ✧Д✧)

例えばカンファレンスに関して言うと、参加者数・ゲストスピーカー・トピック・重要なアナウンスメントがあるかなどがポイントになります。

ここで通貨に関する重要なアナウンス(アップデート)などがあると、価格に影響が出ることもあります。

2018年1月 仮想通貨関連イベント

1月11日

DMM.com仮想通貨取引サービスを開始

こちらは日本での注目ニュースですね!

DMM.comは「DMM Bitcoin」ブランドにて新たな仮想通貨サービスの口座開設申し込み受付を開始します。

取り扱い通貨としては7種類の通貨が予定されています(๑ʘ∆ʘ๑)

DMMという大手企業が本格参入とあり、市場は盛り上がりそうです!

1月10日公式サイトオープン、11日口座開設申し込み受付開始予定です。

1月13日

BitcoinCash Meet up

開催地:ロンドン

ロンドンにてBitcoinCashのMeet upが開催されます。仮想通貨界隈でもオフ会として、このMeetupが開催されます。

内容は BitcoinCashについての勉強会のようですが、このMeet upで通貨に関する重要な情報がアナウンスされると、価格に影響してくることもあるようです。

1月15日

Blockchain Cruise Asia

個人的に面白いと思ったイベントです(・◡・*)

開催地:シンガポール

ブロックチェーン・クルーズとしてシンガポールからマレーシア、タイまでの4日間の船旅に出ます。

仮想通貨、ブロックチェーン、ICOなどのトピックが議論されます。

1月17日

Crypt finance Conference

開催地:サンモリッツ(スイス)

ブロックチェーン投資に関する世界で最初で最大規模の投資家のカンファレンスが開催されます。

個人投資家と機関投資家、仮想通貨ブロックチェーンのプロバイダーが集います。

1月18日

The North American Bitcoin Conference

開催地:マイアミ

マイアミにて、ブロックチェーン技術、ICO、各通貨、投資など幅広いトッピクを扱う国際的な会議が開かれます。

DashAugurの創業者も登壇予定です(・∀・*)

1月19日

Lndon Blockchain Week

開催地:ロンドン

ロンドンにてBlockchain Weekが8日間開催されます。

ブロックチェーンに関するカンファレンスやワークショップが行われます。

1月24日

Cypto Funding Summit

開催地:コスタメサ(カルフォルニア)

仮想通貨関連投資家、ヘッジファンド、ブロックチェーン関連企業家が交流します。

1月26日

Blockchain Connect Conference

開催地:サンフランシスコ

1000人以上のエンジニア、科学者、投資家が集い議論します。

RippleLitecoin創業者を始め、中国三大取引所OkexNeoの創業者など登壇者は豪華なメンバーとなっています(・ω・)

最後に

今回は、世界各国の仮想通貨関連のカンフアレンスを中心にスケジュールをまとめてみました。

1月後半だけでも、すでにこれだけのイベントが予定されていて、世界中での関心の高さが伺えます!

次回以降は、通貨の価格に影響が出ることが予想されるイベント(取引所上場やプロダクトのローンチなど)のスケジュールを中心にまとめていきたいと思います!

このブログを書いている人

丸の内OL3年目の玲奈です。2017年6月から仮想通貨投資を始めました!

誰にでもわかるブログを目指します(∩˃o˂∩)


仮想通貨を買う前に必ず読んでください

▼玲奈おすすめの取引所ランキング

人気のリップルを買うならビットバンク!

いろんな種類の仮想通貨をお得に買える取引所

▼仮想通貨取引に最適なネット銀行

振込手数料無料の住信SBIネット銀行

仮想通貨取引で使うなら住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行のメリット・デメリットはこちら

Pocket
LINEで送る